コツコツと資産を増やす方法

>

自分で点検できない人

業者に依頼してもいい

無理に、自分1人で賃貸を管理しようと思わないでください。
代わりに管理してくれる業者が存在するので、難しいと思ったら任せましょう。
業者なら定期的に、細かく点検してくれます。
定期的に点検することで、わずかな異変にも気づきます。
賃貸を管理しないで放っておくと、異変が起きます。
それでも修理しないと、そこで暮らすのが不安になります。

せっかく入居者が増えていたのに、みんな引っ越してしまうかもしれません。
信頼されるオーナーになることを目標にして、賃貸経営を続けてください。
こまめに入居者とコミュニケーションを取るのもいい方法です。
その時に困っていることを聞いて、解決してください。
信頼性が高い賃貸は、すぐに入居者が増えます。

修理が必要な場合はすぐ連絡

業者が点検して、専門的な修理が必要だと言われたらすぐに対応してください。
早く修理しないと、状態がさらに悪くなってしまいます。
悪化した状態でようやく修理を依頼しても、期間が長くなりますし費用も高額になります。
どんな建物でも、いずれ老朽化します。
ですから賃貸経営をする上で、修理費用は絶対に必要になると思ってください。
しかし早く気付くことで、費用を削減できます。

そのために点検が必要なので、時間があるか確認してください。
また高齢の人は、体力が低下しているので大きな賃貸の全体を点検するのは難しいと思います。
そのような人も、業者を頼ってください。
少しでも不安なところがあったら、詳しくチェックしてもらった方がいいです。


この記事をシェアする